スルガ銀行デンタルローンの審査落ちしないために

「自営業でもデンタルローンは組めるの?」ローンについて調べていたところとこんな質問を見かけました。

結論から言うと、自営業でも審査に通れば問題ないです。

では、なぜそう思い込んでしまったのでしょう。

その理由として、歯科治療などの使い道を限定したローンは自分の事業など他の目的には利用できなく事業用ローンと混同してしまっているためです。

そのほかに重要視される審査ポイントの「安定・継続した収入」が自営業の場合、月毎にばらつきが出てしまう、独立した直後など営業期間が短いと「安定した」と見られないこと、一定以上の金額になると収入証明を添付しなければいけないなどが挙げられます。

突然ですが11月8日の記念日を知っていますか?「いい(11)歯(8)並びの日」と制定されているそうです。

そこで、歯に関するランキングを検索してみたところ、「人に言いにくい歯の悩みランキング」というものが見つかりました。

やはりといいますか、多くの人が歯並びに悩んでいるようです。

できれば治したいと思っている人も多いはずです。

では、なぜそのままになっているのでしょう。

大きな理由の1つと言われているのが高額な治療費用です。

歯列矯正は自費負担になるため、特に若い人は費用が準備しにくいようです。

そんな方はジャックスなどが取り扱っているデンタルローンの利用を考えてみてはどうでしょうか。

デンタルローンという制度を知っていますか?どういったものかというと信販会社が患者に代わって病院に治療費を立替払いし、患者は信販会社に治療費+手数料を中長期的に分割で支払う立替払い契約のことです。

住宅ローンなどを想像してもらうとわかりやすいと思います。

そのため、デンタルローンを契約するには、他のローンなどと同じように申し込みに対して貸しても問題ないか「審査」に通過する必要があります。

審査に通りやすいのは今まで借りてきたローンの返済や携帯電話料金・公共料金などの支払いに遅延がない人が多いです。

歯が抜けてしまってインプラント治療をしたい、でも、高額な費用をすぐに準備できない。

という時に歯医者でデンタルローンの活用を提案されることがあります。

審査なしで利用できるローンというものはないので必ず審査が行われます。

では、審査基準はどういったところを重点的に見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方が利用しようと考えた場合、親の名義で申し込む、もしくは親や保護者から承諾書を提出してもらわなければいけません。

他には、返済の遅延の繰り返しや自己破産など、クレヒスと呼ばれるものを確認しています。

また、審査結果によっては収入が足りないなどの場合、保証人が必要になることもあります。

歯医者に行った時に、インプラント治療を提案されデンタルローンを提案されることがあるそうです。

デンタルローンの意味は、運用目的を「歯科治療費」のみに制限したローンです。

細かい部分は異なりますが、仕組みとしては「住宅ローン」や「自動車ローン」同じように考えてもらえればわかりやすいと思います。

では、申し込み時に必要な情報を整理しましょう。

①見積書など治療費がいくらかかるのか書いてある書類、②安定・継続した収入(正社員の方で1年間以上勤続していればほぼ気にしないでいいと思います。

)これら2点はどのローンでも必ず確認されます。

芸能人の歯って白くて綺麗で印象に残りますよね。

実は、ホワイトニングや審美治療を受ければということは同じことをしたら皆さんにもあの白さが手に入るかもしれませんよ。

ホワイトニングは薬剤で白くするため数年毎など定期的に施術しなければ元の色味に戻ってしまいます。

では、ホワイトニング以外の方法はあるのでしょうか。

歯の表面を削って付け爪のような薄い素材の歯型を貼り付ける「ラミネートベニア」という方法や「セラミック」と呼ばれるセラミックでできた歯をかぶせる方法があります。

ホワイトニングと比較すると耐久年数が長いですが保険適用出来ず費用が高くなるのでデンタルローンの利用をお勧めします。

原因がわからないけれど肩こりや頭痛でお困りの方。

噛み合わせの悪さ原因の可能性があります。

症状を調べて歯医者に行ってみたら治すのに考えていた以上に高額な費用が必要なことがわかって躊躇してしまう、そんなにすぐ、パートで働いている自分にはそんな費用は用意できないデンタルローンを検討してみるのはどうでしょうか。

ただ、ローンを組む際には、「安定した収入」であるかを見て返済能力があるのかを確認するので非正規雇用というのは審査時に不利に見られることがあります。

確実にローンを組みたいのならば、「安定した収入」のある正規雇用の配偶者名義で審査申込をした方が通りやすいです。

インプラントや歯並びを矯正しようと考えても治療費が全額自己負担になる自費治療では費用が用意できないなど治療に踏み出しづらい方もいます。

そんな方はデンタルローンの利用を考えてみてはいかがでしょう。

また、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合は、税務署へ確定申告することで、治療費の一部が戻ってくるので領収書は大切に取っておきましょう。

仮に、申告し忘れても、最大5年前まで医療費控除をさかのぼって受けることができます。

このように、さまざまな制度を活用してなるべく費用負担を軽減することもできます。

皆さんは歯医者を選ぶ時に何を気にしていますか?実は、歯医者ってコンビニエンスストアよりも多いんです。

なので選ぶ幅が広すぎて選びにくいですよね。

そんな時に病院選びの参考にしているのが口コミサイトです。

医院の設備はどうなのか、先生は優しい人なのか恐い人なのかなど初めて行く場合にはとても参考になります。

その他の選び方としては、受ける治療方法によって選ぶのもありますね。

例えば、高額な治療費が必要な歯列矯正を検討している場合では、治療に行く前に先にインターネットで利用するデンタルローンを決めて、そのローンと提携しているところを探すなどです。

出っ歯なのがコンプレックス、歯並びが悪くて人前で笑うときに歯を出して笑えないなど歯の悩みを持っている方がいます。

歯列矯正を行なってコンプレックスから解放されてみませんか?でも、矯正って場合によっては高額な費用になるイメージがありますよね。

費用が高額で用意出来ない方はデンタルローンを利用して分割払いにする方法もあります。

いきなり歯科医院で審査・申し込みをするとしても情報がうろ覚えだったり規約や金利の確認をしておきたいし少し抵抗がありませんか。

歯科医院で申し込む前に事前にwebで仮審査を行っておくのがおすすめです。

申し込みの流れとしては使いたいローンのweb事前審査に通過後、そのローンと提携している歯医者で再診し、正式申込になります。

歯科治療をする際に高額な費用のかかる治療を提示された際にみなさんはどのような支払い方法を考えますか?多くの人が最初に思い浮かぶのがクレカで分割払いだと思います。

可能であればデンタルローンを利用しましょう。

その理由として、クレジットカードの分割手数料とデンタルローンの分割手数料の差が大きいからです。

例として、三井住友VISAカードの分割払いでは12.0%から14.75%と手数料が多いですが、銀行系のデンタルローンを利用した場合には半分程度となる5%程度の手数料で借りることができます。

歳をとると気になってくるのが歯の悩みです。

例えば、歯が抜けてしまった場合、ブリッジにするのかインプラントに悩みますよね。

入れ歯の他にブリッジやインプラントなどがあり違いやメリットを調べてみました。

ブリッジとは、失った歯があった部分の左右の健康な歯を支柱にして「橋」をかけるように人工の歯を固定する治療法です。

インプラント治療は、歯を失った部分に人工の歯根となるネジを埋め込みます。

ネジで顎の骨に固定して、その上に人工の歯を取り付けます。

条件付きで保険適用可能なブリッジにするか高額だけど他の歯に影響がなく治療後が楽なインプラントにするか悩みますね。

費用の準備が大変という方は金融機関が取り扱っているデンタルローンを検討してみてください。

高額な買い物をする時に組むローンですが今では、種類が多すぎてどんなものがあるのかわからないですよね。

大きく分類すると個人向けローンと事業ローンの2つになります。

事業ローンはその名の通り、会社や個人経営者に特化したローンです。

中には、会社名義で借りられるものもあります。

個人向けローンには、CMとかでも見かけるカードローンや住宅ローンやデンタルローンなどの利用使途を限定したローンがあります。

デンタルローンなどの利用目的を限定したローンの場合、カードローンに比べて金利が低い数字に設定されていることが多いです。

デンタルローンの利用を考えているときに歯科医院でもローンがいいですよと言われ、実際に調べると様々な期間の情報が出てきてどこを選べばいいのかわかりにくいですよね。

はじめに見て欲しいのは金融機関ごとに違う金利・借入限度額です。

限度額は10万円から700万円という機関もあれば最低30万円から借りられるという機関もあります。

そういったこともあり、治療費の見積もりが20万円なのに最低30万円からのローンを借りることはできません。

また、申し込み前に各機関のホームページに設置されている返済シミュレーションを申し込み前に行って月々の返済額を確認しましょう。

デンタルローンや住宅ローンなどの各種ローンを組む際に審査に落ちることはないか考えてしまいますよね。

では、審査に通りやすいのはどんな人でしょうか。

それは、勤続年数が1年以上で収入が安定している正社員の方です。

なぜかというと、収入が安定しているということは返済の見込みが立つからです。

では、逆に審査に落ちる人にはどんな特徴があるのでしょうか。

特に若い人には「引き落とし口座の残高が不足していて引き落としができなかったというように支払いを延滞していることです。

引き落としされていないのに気づいてすぐに解決したのなら良いのですが何ヶ月も連続で延滞している、連続していなくても何回も延滞を繰り返してしまうと落ちやすいようです。

引用:スルガ銀行デンタルローン審査は厳しい?低金利の借り方の流れ